落ち込んでいる男性

このサイトは早漏の改善についてのサイトです。
まず手始めに、早漏の定義と、簡単に行える早漏改善アイテム、テンガについて説明します。
彼女とベッドインした際に、予想よりも早く射精に至ってしまったという経験は、多くの男性がしたことがあるのではないでしょうか。
そんな時に彼女から、「早漏」という言葉を聞かされたことがある人も、その中には少なくないかも知れません。
早漏の定義は、性行為を行っている相手の女性が満足感を得られる前に射精をしてしまうことです。
ただ一般的に女性が満足感を得られるまでに要する時間は、男性が射精に至るまでの時間と比べて長いため、この定義をそのまま当てはめるなら、多くの男性が早漏と言うことになってしまいます。
なので一般的な男性における挿入から射精までの時間と比較して、明らかに短いという場合は対策の必要があるでしょうが、平均的な男性とあまり変わらないのであれば、気にする必要はないと言って良いでしょう。
むしろ気にしすぎることによって緊張感が増し、さらに射精までの時間が短くなってしまう恐れもあるのです。
では平均よりもかなり早い早漏の人は、どういった対策をとると良いのでしょうか。
一般的によく言われているものとしては、オナニーの際に射精をできるだけ先に延ばすように訓練するという方法があります。
オナニーは女性との性行為と比べて、性器に対してダイレクトに、しかも自分の気持ち良い具合に刺激を与えることが可能なので、どうしても早く射精してしまい、それに慣れてしまうと女性と性行為に及んだ時にも早く射精してしまうことがあるのです。
そこで役に立つアイテムとして注目されているのが「テンガ」です。
テンガとはいわゆるオナホールの中でも、大変高い人気を誇る大ヒット商品です。
テンガは女性器と同じように、男性器に摩擦だけではなく圧力を加えるようにして刺激を与える仕組みなとなっていて、女性との性行為と似た感覚でオナニーすることができるので、早漏解消の訓練をする際に使うと効果的だとされているのです。

早漏に効くダポキセチンが抗鬱剤に使われていた理由

早漏を改善することのできる薬の成分に「ダポキセチン」というものがあります。
ダポキセチン配合の錠剤のイメージ世界初の早漏治療薬の成分として認められたダポキセチンは、当初は抗うつ剤として使用されていました。
元々は使用する目的が異なり、抗うつ剤として開発されていたもので、作用機序からSSRIに分類されます。
しかし、使用していたうつ病患者の多くが射精の時間が長くなった、遅漏になったという副作用を訴え早漏に効果があると認められたことから転用される運びになりました。
ダポキセチンの作用は精神が不安定になりやすいセロトニン不足を解消するもので、分泌量を調整して神経伝達物質を増やす選択的セロトニン再取り込み阻害薬となります。
セロトニンには興奮や緊張といった感情を司るノルアドレナリンを抑える働きがあり、異常な興奮によって起こる射精感を抑えることが可能と考えられています。
つまり、ダポキセチンを服用することで興奮が静まり、射精感が抑えられることで射精がコントロールしやすい状態にするというものです。
抗うつ剤から転用する際に、安全性や効果を検証する臨床試験では、早漏患者の多くが効果を実感することができ、射精までの時間が平均して3~5倍まで長くなったと報告されています。
実はこの効果はSSRI全てに言えることで、種類によって大きな違いがありますが抗うつ剤そのものに早漏を抑える働きがあると言われています。
その中でもダポキセチンは、試験をクリアして高い効果が認められたもので、抗うつよりも早漏改善の方が良い結果が出たことから、よく使用されています。
特におすすめできるスーパーPフォースは早漏に対して高い効果を発揮しますが、自律神経に作用するので副作用のリスクも高い点に注意しましょう。
特に吐き気や頭痛、喉の渇きが多く報告され、その他にも様々な症状が報告されています。
臨床試験によって安全性は認められていますが、副作用には十分に注意する必要があります。

早漏の症状、彼女の理解

ここまで説明しましたが、早漏は自分だけの問題ではありません。
症状を改善させる様々な情報があり、ダポキセチン配合薬のように実際に改善させる為の商品も多数存在しています。
実際に試してみて、症状が改善されることがあります。
ダポキセチン配合薬の他には、持久力を上げる為の我慢であったり、運動などのスポーツであったり、アルコールや多量のたんぱく質の摂取を控えるといった食事量法から、サプリメントなどの栄養剤によるものであったりと、様々です。
しかし、色々と試してみても、改善されない場合も、もちろんあります。
同じようなことを試してみても、効果効能は千差万別、人それぞれです。
男性の場合、自分のプライドが傷ついてしまったり、人によっては相当な悩みの種にもなりかねません。
しかし、大事な彼女とこの問題についてどう向き合っていくのかが大切です。
自分1人で悩んでいたところで、症状が改善されていない場合は、相手の理解が必要になってきます。
あまり気にし過ぎてしまうと、行為そのものよりも、彼女との関係に亀裂が走る場合もあります。
まずは、相手に症状について相談しましょう。
そして、相手の理解を得られるようにしましょう。
また、行為の時も、挿入する時間以外のスキンシップの時間を長く取ることでも、お互いの気持ちを再確認することに繋がり、相手との距離もぐっと近づきます。
実際、女性の場合は行為そのものよりもただ触れ合っていることに安心を感じる傾向があります。
素肌で抱き合ってみたり、彼女の体に触れてみたり、そういった行為だけでも相手によっては十分満足して貰えるでしょう。
気にし過ぎてしまうことよりも、別の楽しみを探してみるのも良いのではないでしょうか。